虫さされに塩!

子育て

我が家では、蚊やハチに刺された時には、
調味料として使っている自然塩を噛んで、
患部にぬります。

今朝、公園から帰ってきた長男が、

「痛いー!!!チクチクするーー!!」

と騒いでいました。
内ももをハチに刺されたそうです💦
見てみると、確かに何かに刺された跡が。。。

何も塗りたくないと騒いでいましたが、
とりあえず、塩をひとつまみ噛んで、
塗って様子を見ることにしました。


刺された跡と腫れていた所に塩を塗りました。

塗ってすぐに、痛みは治まったようで、
何事もなかったかのように朝ごはんを食べていました(笑)

しかし、しばらくして、

「痛いーーーー!チンチンさされたーー!」

とさらに大騒ぎ💦(笑)

なんと、ズボンの中にハチが迷い込んでいたみたいです(゚Д゚;)
笑ってしまいましたが、考えてみると恐ろしい。。。

足の付け根のところも刺されてしまいましたΣ(・ω・ノ)ノ!
後ろには、小さいハチがトコトコ歩いている👀!
ミツバチよりも小さくて、色も薄茶色の小さいハチでした。
みんなで外に追い出して💦

すぐに、塩をぬりぬり。。
痛みが引いて、落ち着きました。

塩を塗ってから30分後に見てみると、
腫れが引いて、すっかり良くなったようです。

おまたのところも無事に良くなりましたm(__)m

自然療法の本によれば、

ハチ刺されには、
柿渋を塗る。塩をかんでつけ、そのあと、さといもパスター。
粉末状の炭と小麦粉、水を練って貼る。
(大森一慧『自然派ママの食事と出産・育児』2005年、株式会社サンマーク出版、202頁。)

と書かれていましたが、
柿渋も、さといもパスターに混ぜるジャガイモもない、
炭と小麦粉は面倒だったので(笑)
とりあえず、塩だけ塗って様子を見てみましたが、
塩だけでも十分効果がありました^^

蚊に刺された時も、塩を塗ると痒みが治まって腫れも赤みも引いていくので、
オススメです✨

ただ、ハチに刺された時には、ハチの種類や子どもの様子を確認して、
重症化するようであれば病院受診してくださいね。

伊敷家の朝のひと時でした♪

***********************
「自給自足で穏やかに楽しく自分らしく生きる」ライフスタイルを実現するための考え方や実践方法を学べる無料メルマガ講座を配信中です♪

メルマガの詳細はこちら

\今すぐメルマガ講座を読んでみたい方はこちらから!/

 

「つくる暮らしで穏やかに楽しく生きる」無料メルマガ講座




子育て
伊敷史佳をフォローする
てぃーあんだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました